漫画はどんどん無料で読まれるようになっていく

私の好きな漫画家さん「水沢悦子」さんの作品「もしもし、てるみです。」の2巻で、作中の人気漫画家のパク田先生はこうおっしゃっています。

…これから先、漫画がどんどん無料で読まれる時代になっていくだろう…

もう この流れには逆らえないだろう…

これは、単に海賊版とかの権利侵害で無料で読まれる、という意味ではなく、漫画家という職業と漫画業界が存続しながらも、読者は無料で読むような構造ができていくだろう、という意味あいの台詞です。

私には実感できることなんですよね。

これについて、ちょっと思うところがあったので、コラムにしてみました。

漫画アプリが意外に普通で驚いた

最近、色々な漫画閲覧アプリを試しています。「漫画BANG」「マンガKING」「ジャンプ+」「マンガUP!」などなど。 そのどれもが、結構ストレス無く、普通にタダで漫画読めちゃうんですよね。

最初は、タダで読めるとは言っても、広告ばかり見させられてうんざりするんだろうなと思ってたんですが、TVCMなんかに比べればずっと楽勝レベル。 しかも、サービスによっては全巻読めたりします。

(※アプリの評価コメントとかみると「広告うざい」とか「サギだ」とか色々きついのもありますが、タダで漫画読めるサービスに対してみんな厳しいなあとか思います)

こうも簡単に、対価ほぼ無し(広告見るだけ)でスイスイ漫画が読めてしまうと、

漫画って、そういうものだったっけ……」

と、妙な違和感……というか、嫌な感じが沸いてきました。

ちゃんと広告で発生するお金の内に作者サイドの取り分はあるので、ビジネス的な意味合いでは何の問題もないんですが……。 漫画を読んだ自分が、対価を漫画の作者に払ってる感覚がすごい希薄だからでしょうかね?

うーん、でもちょっと待てよですね。 なんでこれが嫌な気持ちにつながるんだろう。 タダで読めるサービスなんだから対価を払ってる感覚が無いのなんて当たり前なのに、何を今さら。

このコラムで考察するのは、そこの部分というわけです。

タダで読めるのはいい。でもそれが当たり前という空気は嫌

改めて考えてみると、それは自分が、漫画と漫画家に対して持っているリスペクトに拠る物のようです。

漫画は、たとえアシスタントさんや編集さんが介入するとしても、非常に漫画家本人のリソース投資の割合が高いコンテンツだと思います。 いや、むしろ、漫画は漫画家の人格のインスタンスだとも言えるかなと。

もちろん、エンターテイナーとして盛ったりして「商品」としてブラッシュアップはしているでしょうが、それにしたって、そのアプローチにも漫画家の精神が宿っています。 漫画家稼業自体の不安定さから、漫画家の人生すらも乗っています。

私の漫画家に対するそういった思い入れ……いや、肩入れをする気持ちが、漫画作品が漫画閲覧サービスのにぎやかし商材みたいに扱われることに大して抵抗感を生んでいるのかもしれません。 ましてや、客にとってタダが当たり前みたいな扱いになることは。

大好きな漫画をタダで読めるのは嬉しいけど、漫画と漫画家が軽く扱われるのは嫌。 私にとって漫画はエリを正して読むものだし、漫画家はヒーローなので、それを軽んじられたくない……どうやらそういうことのようです。

 

手塚治虫大先生の「漫画おやつ論」から今への流れ

ストーリー漫画の神様、手塚治虫先生は、漫画が下劣で子供に悪影響を与えるとバッシングを受けていた際に「漫画おやつ論」を展開したといいます。

滋養のある「書籍」「映画」は、まず第一に「主食」として摂取しなくてはならないが、人間の豊かさのためには「漫画」という「おやつ」だって必要ですよと。

私はこのアプローチがとても好きです。 漫画の第一人者でありながら、漫画はサブ的な娯楽ですよと現状に即した妥協を入れつつの説得の仕方はとてもスマートに思います。

さて、この「漫画おやつ論」ですが、これは時代と共に(手塚先生の没後も)変遷していきました。

少なくともサブカルチャーにおいて昭和末期~平成中期での漫画は、映画やテレビの原作=上流であると同時に、もちろん漫画単体としても、その質はもちろん、大きな経済規模を持つようになりました。 もはや「主食」「まんが主食論」です。

あの頃の漫画業界は本当に羽振りが良かったし、「主食」を張るに充分以上のクォリティとボリュームをも実現していました。 「COM」「ガロ」に始まる作品性の高い漫画や、劇画に写実表現、アナーキー的なものから現代アートなものまで。 作品的に作家サイドも攻めていた時期でした。

そして平成末期になると、これがさらに「漫画空気論」になります。 漫画はもう無くてはならないもの。あって当たり前。 これ無しにはコンテンツ型のサブカル業界は成り立たないくらいです。

そして同時に「空気の様に対価の要らないもの」という感覚も育ってきたのでは……?

というのが、私がこの段落で「漫画OO論」を持し出した理由です。

漫画は「みんな消費する」けど「タダで当たり前」なものだと。 漫画は「空気」になってしまった。

じゃあ、どうすれば自分は納得する?

上述したように、この「タダで漫画が読めるサービスの仕組み」は、きちんと漫画家サイドに利益配分がなされるものです。 むしろ、連載が終わって利益発生の機会がほぼ無くなった作品に収益の機会を与える、救いのメソッドでもあるはずです。

たぶん私は、このサービスの中に、漫画と漫画家への文化的リスペクトが残れば納得なんだろうなと。 例えば…

奥付をちゃんとつくる!

結構ちゃんとした出版社でも、デジタル版の漫画には奥付が無かったりします。 また、各話でバラで配信している場合は当然そんなものはありません。

漫画と漫画家への敬意として、立派な奥付ページを作れとはいいません。 でもせめてメタデータ(設定とかから見られるとか)でもよいので、その作品の出展と時期については記録を残して欲しいです。

これは漫画家(作者)への敬意だけでなく、文化としての漫画を守るために必要なことだとも思います。

漫画家の作品の経緯を踏まえて、漫画家の人生と作品を重ね合わせて読む楽しみだってあるんです。 「あれを描いた次にこれを描いたからこうなったのか」を楽しめる余地を残して欲しいです。

漫画家(作者)データベースにリンク欲しい

一社でなく、業界全体でWikipediaみたいなものを作って、そこへのリンクを貼って欲しいですね。 デビュー時期作品リストだけでもよいので。

漫画は、その漫画閲覧サービスの単なる「商材」なだけではなく、まず第一に「作家」が描いた「作品」なんだという、業界としての作者への礼儀を示して欲しいんです。

漫画は人が作って人が読むもの

ここまで書いてきて、自分でも色々と整理が付きました。

なるほど私は、タダで読めるのは良いけど、タダで読めるからといって漫画と漫画家(作者)が「タダなコンテンツを作ってる人たち」みたく思われるのが嫌だったんですね。

私は一時期海外にいたこともあって、その時期はアメコミにはまったりもしました。 でも改めて日本の漫画を読んで「やっぱり日本の漫画は違うな」と思ったのは、作品を通して作者本人の心意気(というか「どうだ!おもしれえだろう!」という挑戦)の熱さが違ったことなんです。 アメコミはチーム作品ですからね。

私にとっての漫画って、ただ作品というよりは、面白い人間である漫画家(作者)を読むコンテンツでもあったんです。

その、人が作って人が読む、人を読む、というやり取りを、私はもっと大切にして欲しかったんだと。

これから先、漫画はどんどん無料で読むものになっていくでしょう

冒頭で触れた「もしもし、てるみです。」を読んだ翌月くらいですかね。

作者の水原悦子さんの別作品「ヤコとポコ」を読もうと、Kindle で検索をかけてみたところ

「ヤコとポコ」が、その月の「Amazon Prime Reading」の対象になっていて、プライム会員である私にとっては実質「タダ」でした。

ちなみにこの Prime Reading 、タダではありますが、読まれたページ分作者さんにお金が入るとの事で、作者さんにとっては「タダということで沢山読んでもらえた上にちゃんと実入りがある」ボーナスタイム的なものらしいです。

でも「もしもし、てるみです。」のパク田先生が言っていたことの実例を、図らずも水原さん自身の作品で見せられてしまった様な気がして、 本来は「おお、水原さん、Prime Reading よかったねえ」と思うところなんですが、なんかDLしつつも、ちょっと気後れしてしまいました……。

やっぱり、これから先、漫画は色々なところの利害調整をしつつ、どんどん無料で読まれていくのかなあと。

でも、そうなった時には、作品発表の場のキープや連載初期の経済的なフォローは誰が(あるいはサービスが)担保するんでしょうねえ。 意外とこういうのって成り行きでうまく行ったりもするものですが、心配は心配です。

漫画を取り巻く環境がどう変わっていったとしても、私は漫画と漫画家(作者)の人間力に対する敬意を忘れませんし、業界としてもそうあって欲しいと切に願います。

 
……以上、漫画のタダ化についての、40代微オタの考察でございました。

ちなみに「ヤコとポコ」は

もう Prime Reading 対象じゃなくなっちゃいましたが「ヤコとポコ」おすすめ。 全編愛おしいほっこり漫画です。

タイトルとURLをコピーしました